ストリーム査定

ストリーム査定は純正パーツを残していると有利に

ストリーム,査定,買取,高額,売却,愛車

 

純正パーツを残していると有利に

 

ストリームに乗り続けていると、そのままでも良いと思う人もいれば、
自分好みのカスタマイズをしたいという人もいます。この場合のカスタマイズとは、
純正以外のパーツを装備させることです。

 

 

 

実際にストリームでそういう楽しみ方をしている人はたくさんいますが、
もしもストリームの査定で高価をつけてもらいたいなら純正パーツは残しておくべきです。

 

 

 

自分の好きなようにカスタマイズをしたい人の場合は、
カスタムパーツをつけた後は純正パーツなんていらないと考えてしまう人もいます。

 

 

 

しかしそのストリームを中古車として販売することになった場合、
純正パーツをつけている方が高く評価されるのです。

 

 

 

それもそのはず、その人の好みに合わせたパーツではなく標準のパーツなら安心感があるからです。
例えそこからカスタマイズしていくからといっても、最初は標準状態が良いのです。

 

純正パーツで査定額アップ

 

実際にストリームの査定を受ける際は、パーツを交換して査定を受けた方が印象は良くなりますが、
パーツがあるなら残してあることを伝えるだけでも印象は変わります。

 

 

 

自分で交換ができなくても、プロならそれくらいの交換はすぐにできます。
重要なのは、選択肢があるのかどうかです。

 

ストリーム,査定,買取,高額,売却,愛車

 

ストリームの査定を受けた時は、純正品ではないパーツを装備した状態でした。
その時に、元のパーツがあるのかと聞かれました。自宅にあることを伝えたら、
其の分も含めての査定額にしてもらえました。

 

 

 

自分としては気に入っていたのですが、純正品の方が人気はあるのかと思いました。
だけど実際にその仕組みを聞けば、納得できますね。

 

 

 

>>>状態が悪くてもストリーム査定で上手く高値がつく方法とは